FC2ブログ

風の又三郎2018-09-02(Sun)


葉っぱ

“ どっどど どどうど どどうど どどう
 青いくるみも吹きとばせ
 すっぱいかりんも吹きとばせ
 どっどど どどうど どどうど どどう ”

奇しくも 僕の誕生日から始まる物語
夏休みが終わってしまった翌日
楽しみにしているモノ好きなんていないだろう憂鬱な日
そんな空気の中ひとり浮かれるのは忍びなくて
あぁ できれば誰も思い出さないでください 大きな声で言わないで
なんて教室の片隅で願っていた世知辛い日を
少しだけ明るくしてくれた世界 その幕開けの日が
今年は休みだった訳です

釣竿たたんで ふらり 山間に佇む廃校へ

隣を流れる小川で 時折あがる子供達の嬌声が
風に巻かれて 次の季節へと運ばれていきました


| 徒然